ぽっちゃり女性のスクワット

会社を退職して10ヶ月。
在職中、体重はすでに史上最高の域に達してました。
ダンナには「絶対ストレス太りだから、辞めたら自然と痩せられる」と豪語。

ストレス太り解消!しかし…

退職して1ヶ月後、本当に2〜3キロ知らず知らずのうちに痩せてたんです。

ところが、ここからだんだん様相が変わっていくわけですね…。

ダンナをさしおいて自分だけ旅行に行く、と言うのはさすがに気が引けて、ダンナ同伴でないと旅行しないスタンスは貫いていたのですが、ダンナが行きたがるのは基本

飲み放題付きの温泉」!

とくれば、やはり伊藤園ホテルズなわけですよ。
そして飲み放題に加え、バイキング料理の誘惑が待ってます。

記事を書くにも、同じ場所ばかりではなぁ…

とネタの行き詰まりを感じながらも、ダンナがさっさと予約をとるので同行してました。おいしいし。

バイキングと飲み放題でリバウンド

飲み放題

私もお酒はいける口なんですよ。
普段は酒好きのダンナに合わせ、居酒屋やレストランでもひたすら運転手役に徹してますけどね。

自宅だと、一応専業主婦なんで、家飲みすれば食事の用意から片付け、全て私がやってるんですけど、お酒飲むとだるくて片付けがおっくうになっちゃいます。
なので普段はあまり飲まないし、飲んでも軽くグラス1杯。

しかし伊藤園に来た日には、上げ膳据え膳だし私も盛大に飲みます。
ビールと焼酎(とくに芋)はあまり飲みつけないのですが、それ以外はOK。
伊藤園にはホッピーやカクテルはないのですが、日本酒や梅酒を主にいただいてました。

コロナ前まで、結構そんな旅行行ってましたね…

ある日台所で洗い物をしていると、その背中を見てダンナが「また太ったろ?!」と声をかけて来ました。

自分では自覚がなく、「は?何いってんの」くらいなノリで返しましたが、ダンナが出勤後、1人になったところで恐る恐る体重計に乗ってみました。

あれ?!在職中の体重に戻ってる?!

やっちまった〜。

私、どうもお酒を飲むとテキメンに太る体質のようです。

コロナ禍。まとめ買いで外出も最小限、ほぼ歩きもせず

思い起こせば結婚前、ダンナと一緒に生活する前には、今より10キロ痩せてたんですよね。

あぁ、どうしてこうなった…

ウエストサイズを測る男性

ファスティング用の酵素飲料を買ってプチ断食すれば、確かにその時は2〜3キロ落ちるんですけど、元の食生活に戻せばリバウンドです。

でもまぁ、これ以上太らないように気をつけてればいっか〜、なんて少し気軽に構えてました。

そこに、コロナの波が押し寄せて、買い物すら4〜7日に1度やっと出かける程度になりました。
外に出られないので、その分おいしいもので気持ちを満たしたくなり、スイーツにも手が出ます。

結果…

さらに増量

すでに、自分ではどうにもできない…(泣)

そんな時、ダンナに「ライザップにでも行けばいいじゃん」と言われました。

「え、通わせてくれるの?」
「んなわけないじゃん。自分で出しなよ」

なんだ〜、やっぱりか。

でもライザップ、1度通ってみるのもアリかと思うのです。

タニタの体重計でみると、代謝がものすごく低いんです。
基礎代謝は「燃えにくい」の3段階中2段階目。
どうしたら痩せられるのか、プロに相談したい!と言う思いが強くなり、県内のライザップを検索。

方位磁石と世界地図

結果。

栃木県内には宇都宮1店舗でした。
しかも街中、駐車場もない。

公共の乗り物を利用する必要があり、そうなると片道1時間コースです。本数もないですし。

通いづらい。

ついでに言うと、辞めた会社の近くでした。

さらに行きづらい。

週に2回、2ヶ月だけと思い直してみましたが…今はやめておきます。

【参考記事】

今やらないと大変なことになる …!

太ったことで、何着ても今までの服がパッツンパッツン。
宇都宮はもちろん、スーパーに出かけるなどそんな小さな外出すらユウウツ…。

自粛ムードもやわらいだことだしと、久しぶりに回転寿司を食べに行った時のこと。

お寿司は大好きだけど、この体型で出歩くのはちょっと恥ずかしい。
知り合いの誰にも会わなきゃいいな、なんて感じで出かけました。

待合所は人でいっぱい。
そして驚いたことに、私と近い40代前後の女性たちは、なんとほぼみんな私と同じ体型!

安心したと同時に「これはマズイな」と。
自分を客観視できた気がしました

本当、代謝って大切なのです。
私はアラフィフですが、本当、一度脂肪がついちゃうと加速度を増して体重増えます。
年々代謝は落ちていくので、食べる量を減らすか筋肉をつけて基礎代謝を上げるかしないと、体重計の針が上がっていく一方なのです。

30代前半まではスリムな体型を維持できてたけど、後半からアレ?なんか体重コントロールがうまくいかなくなったな、という自覚はありました。
それでも、フラフープやったらくびれが出現した、とか一時的に効き目があったエクササイズはありましたが、その後再びチャレンジした時は、もうフラフープは役に立ちませんでした。

その後も、あれ、なんか仰向けに寝ても下腹が引っ込まなくなったなあとか、微妙なサインがあったのを、もう何やっても効果ないしなーとスルー。気がついた時には頑固な鏡もちに…。

自分の体のサインは見逃してはならないのです。
寿司屋の待合所で自分そっくりの体型の人に囲まれながら、このままじゃ本当にダメだと危機感を覚えました。

ダイエット開始。まずは食事の見直しから

私、心を入れ替え本気でダイエットに取り組む決意をしました!

とりあえず、マイナス5キロを目指したいと思います!

先日書いた記事、ダイエットするなら筋トレ!効果の上がる方法と自重を使った筋トレメニュー4選から、1日の代謝量とPFCバランスを調べました。

現状維持の場合。

1日の消費カロリー:1241.5kcal
たんぱく質:134g  炭水化物:145.134g   脂質:41.38g
総摂取カロリー:1,489.80kcal

減量を目的とすると、この数値になります。

減量を目指した場合のPFCバランス

たんぱく質:134g   炭水化物:89.47g   脂質:33.11g
総摂取カロリー:1,191.84kcal

摂取できる炭水化物がグッと少なくなりましたね。

しかし、たまたま身の回りにあった何気なく普段食べているものの成分表を見ると、たんぱく質を134gもとるのは大変だな〜と感じました。

豆腐の成分表
牛乳の成分表
ヨーグルトの成分表

左から豆腐、牛乳、はちみつ入りヨーグルトの成分表です。豆腐400gでたんぱく質27.6gですよ?

むしろ炭水化物を抜くのは困難…ご飯食べなくても、軽く89gは行く勢い
食事の調整は難しそうです。

筋トレも、記事に書いた通りやっていきます。

ただ、知識だけで十分とは思っていません。
実際にやってみた時に効果が出なくちゃ意味がないですから。

なので、先の記事は実体験を元に追記・変更し、本当に効果があった方法だけをまとめたものにしていきます。
ぜひ参考にしてください。